趣味とかネトゲプレイ記とかごった煮な日記

 

未緒さんのドキドキ青春日記

04< 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30. 31.>06
このページの記事一覧
Posted on 14:31:14 «Edit»
2021
04/05
Mon
Category:未緒さんのドキドキしない日記

未緒さんの岐阜県桜旅:谷汲山華厳寺 

ほいほい、未緒さんです。
休みのうちに一気にブログ更新です。

先週行ってきた「岐阜県桜旅」2日目のもようもだいぶ進み。
2021-03-30-102515.jpg
10時半頃の「樽見鉄道」に乗り、
「樽見駅」から「谷汲口(たにぐみぐち)駅」へと移動です。

11時ごろに「谷汲口駅」とうちゃく。
(写真は帰りに撮ったものだけどね。)
P3300380.jpg
何でもこちらは樽見鉄道屈指の「桜の名所」らしく。
↑こんな感じで桜の中を走る列車を撮影できるだけに、
バズーカ砲構えた鉄ヲタがあちこちに沸いてました。
(線路内立ち入ったり、迷惑行為が絶えないらしい・・・。)

ホームのようす。
P3300317.jpg
何もないのどかなホームがまた、絵になるわよね~。

ちなみにこの日は昼前くらいから、天気自体は「晴れ」なのに、
やたらと空が白っちゃけて視界が悪いことが多く。
実はコレ「黄砂」の影響なんだそうで・・・。
ホント、何から何まで迷惑な国ってあるわよね・・・。

駅のホームから降りた場所には、
樽見鉄道で過去に使っていた列車が展示されてて。
P3300314.jpg
桜に抱かれるように朽ちたようすがロマンティックです。
「黄砂」で空が白くなければ、ベストショットだったのになぁ・・・。

・・・で、駅前からは「コミュニティバス」が出てまして。
バスで10分ほど、「谷汲山」って場所まで移動します。
P3300324.jpg
↑バス降りてすぐから、まっすぐな一本道が続き。
ココは奥にある「谷汲山華厳寺(たにぐみさんけごんじ)」への参道で。
お寺までの約1kmほど、ずっと桜並木が続く「桜の名所」です。

ほいでもって「華厳寺」へと向かうワケですが、
まずは混雑する前に先にお昼ごはんにしちゃいます。
2021-03-30-112430.jpg
入ったのはお寺のすぐ手前にある「富岡屋」さん。

岐阜名物の「鮎」の甘露煮が入った「満願そば」食べたよ。
P3300330.jpg
あと、このあたりは「椎茸」も名物らしく、「焼き椎茸」も追加。
正直「おそば」の方は「観光地ですね」って感じでしたが、
「焼き椎茸」が肉厚でメッチャ美味しくて元取れましたw

さて、食後は「谷汲山華厳寺」へ。
P3300337.jpg
↑名所の「仁王門」に桜がかかったお気に入りのいちまい。

ただ、お寺自体には「桜」はあんまりなくて。
桜満開の晴れた日だっただけに人も多く、さっと観て引き返し。
P3300356.jpg
↑「仁王門」手前の桜のアーチ。
足元が入ってないのは、人が多いからだ・・・!

・・・で、「樽見駅」でもそうでしたが、
次の列車の関係で、帰りのバスまでまだ1時間以上あり。
(列車にぴったり接続する時間にバスが出てるのよね。)

まあ、ここらへんは「ローカル線あるある」ですんで、
時間まではのんびり参道周辺をおさんぽです。
2021-03-30-111903.jpg
↑「谷汲」のゆるキャラ「いのりちゃん」とトロさん。
トロの持ってるものが物騒なことはこの際スルーです。

お食事処「萬屋」さんの脇のみごとな「しだれ桜」。
P3300362.jpg
白い桜が満開の中、1本だけピンクは映えるわよね。

P3300361.jpg
↑は参道脇にある「門前公園」にて。
一本脇道入ると人もまばらになっていい感じでした。

ヒマにまかせて粘りに粘って、
極限まで人がはけた時に撮った写真w
P3300367.jpg
この場所の特徴の、
どこまでも続く「桜並木」がしっかり撮れてよかったよ。
さすがに無人で写真撮るなら早朝とか狙わないとだ~ね。

駐車場にまでみごとな桜が。
P3300369.jpg
みんな「華厳寺」に出来るだけ近い場所に車停めようとするんで、
広い駐車場のはんぶんは無人で「未緒さんゾーン」です!

うろちょろ歩いて小腹も空いてきたところで、
駐車場に出ていた出店で、キニナルものを発見し。
地元の「森本工房」さんてトコが作ってる
「美濃いびフランクフルト」食べてみたよっ!
P3300375.jpg
これ、マジで絶品ですっ!!

帰って来てからHP観てみたけど、
「手作り」でこだわり抜いて作ってるようで。
ちょっと通販頼んじゃうか悩み中だわ・・・。

そんなこんなで、絶品フランク食べながら、
桜を見上げて飲む「生びぃる」の美味しいこと美味しいこと。
バスの時間まで、無駄なく楽しめた昼下がりでした。

tb: --    com: (0)
 コメント 
 コメント投稿 
管理者にだけ表示を許可する